現金化は換金率に注意

現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使用してお金を借りる方法です。キャッシング枠を限度一杯使っていたとしても、ショッピング枠が開いているなら利用できます。しかし、現金化の際は注意点があります。それが換金率です。

借りられる現金は業者によりけり

例えばショッピング枠が30万円のカードがあった場合、買い物なら30万円まで可能、と言うことになります。しかし現金化の場合、30万円まるごと貸してくれるわけではないのです。最終的な金額は業者の換金率によって異なり、業者間で1万円以上の差が開くこともあります。

換金率とは

換金率とは、ショッピング枠に対する現金の割合を指します。例えば30万円ショッピング枠を現金化した場合、換金率が95%なら28万5千円、90%なら27万円となります。1%の違いが大きな金額差となるため注意しておきましょう。

換金率が高いほうがいいの?

なら換金率が高い業者が良いのでしょうか?これは一概に高ければ良いとは言えません。換金率が高いことを謳い文句に、個人情報収集を行うような業者もあります。そのため、換金率が高いほど良いとは限らないのです。

換金率より評判をチェックしましょう

現金化をする場合、業者の換金率よりは評判を優先しましょう。換金率が他社より1%低くても、実績ある業者のほうが安心して利用できます。あまり換金率にとらわれず、信頼性の高い業者を選びましょう。